正社員の仕事探しはパソナキャリア
成功転職!12,000社 13,000求人の最新情報から


転職を成功に導くJAC Recruiment
1部上場企業求人8,000件以上
トップクラスの転職エージェント


キャッシング「くらべる君」
新革命!借りる側が金利や条件を選べる
給料日前の強い味方!!


学生ローンのイー・キャンパス
即日ご融資!即日キャッシング!
驚きの年利16.80%

魅力的な労働環境

みんなの就職活動をしている人、あなたは、今の仕事に満足していますか?

私の答えは、Noです。
でも、みんなの就職活動をしてどんな仕事をしても、答えは同じ、Noになると思います。

なぜかと言うと、みんなの就職活動の仕事というのは、決して楽しい事ばかりではないからです。
みんなの就職活動をしていると、好きな事を仕事にできて幸せだなぁと、人を羨ましがる。
羨ましがるだけなら、誰にでもできます。

あなたに聞きます。
あなたの好きな事は何ですか?
仕事にしたいくらい好きな事はありますか?
みんなの就職活動で好きな事を仕事にした場合、どんな事が起こっても乗り切る自信はありますか?

もし、ひとつでも、Noがあるなら、みんなの就職活動で好きな事を仕事にするのはやめてください。
最後までやり通す覚悟があるなら、やってみて下さい。

やるだけやってみて駄目ならあきらめもつきます。
しかし、みんなの就職活動で好きな事を仕事として挑戦して、もし、駄目になった場合、あなたに残るものはありますか?

え?ちょっとまって。

と、ここで思ったあなたも、みんなの就職活動で好きな事を仕事にするのは無理でしょう。

みんなの就職活動で何がなんでも成功してみせる!!
とことんまで、何でもやってやる!!
成功するためなら、みんなの就職活動で仕事に就いて法律に違反しない限りはどんなことでもする!!

と、覚悟が決まっているあなた。
また、これを読んで、覚悟を決めたあなた。

とことんまで、みんなの就職活動をやってみてください。
あなたの未来は、みんなの就職活動ができるので、あなたが決められるんです。
自分自身の手で、自分の未来を切り開いていきましょう。

みんなの就職活動をしていて、厳しい就職いつまで続くのでしょう。

景気の上向きが見えてきたはずなのに、みんなの就職活動戦線は依然と厳しい状況が続いているようです。

総務省発表の失業率をみると、改善の傾向が見えないばかりか悪化しています。

特に10代から20代のみんなの就職活動をしている若年層の失業率が高くなっています。

総務省によると2005年6月の失業率は、15歳から24歳の場合

●男性:9.2%

●女性:7.9%

となっており全体の失業率の4.2%を大幅に上回っています。

女性は前年同月と比べて1.4ポイントの悪化。
さらに女性の完全失業者も5万人増えて26万人に増加とのこと。

去年よりも景気が向上していると言う割には、厳しい数字になっているのです。

その背景には何があるかというと・・・

どうも失業者の増加には定着率が低いみんなの就職活動で仕事に就いた非正社員の雇用の割合が増えていることが上げられています。

つまり、みんなの就職活動をして自分のライフスタイルを追及するために、自由度のない正社員より、時間的な自由度が高い派遣などに流れていることが背景にあるようです。

なんと!その数字は

15歳から34歳の非正社員と非正社員のみんなの就職活動希望者をあわせると、360万人にも上るそうです。

もちろん、自ら進んでみんなの就職活動で非正社員になった人ばかりではなく、「就職氷河期」と言われた時代にみんなの就職活動で就職したくても就職できずに、今だに泣く泣く、非正社員に甘んじている人も多いと思います。

また最近では、みんなの就職活動をしない、ニートの増加にたいしては社会的な問題と捉えてみんなの就職活動をしないニートを減らす対策に国や自治体が動き出しているようですが
、残念ながら、まだ効果が出ていないようです。

同じく総務省の労働力調査の結果を見ても、みんなの就職活動をしないニートと呼ばれる人の数が、1993年の40万人が最低で以降徐々に増え続け、2005年には64万人となっています。

因みに、ニートは就職活動をしない人を指すため、失業者の数には含まれていません。

日本は世界的に見ても失業率の低い国ではありますが、これからの日本を創っていく世代にも関わらず、みんなの就職活動がこのような就職状況では・・・

みんなの就職活動をして働く側の意識と雇用する側の意識のズレが、今の状況を創りだしているのかもしれません。

これから益々、少子高齢化が進む日本にあって、みんなの就職活動をしていく労働力の確保は至上課題となります。

その意味で企業側は、みんなの就職活動をしている若者により魅力的な労働環境を用意しておかないと明るい未来は訪れないかもしれませんね。

雇用問題の解決

みんなの就職活動をしてきましたが、私はこれまで転職を3回しています。

みんなの就職活動をしているその時その時、いつも

ああ、駄目だ〜
ええとこないかな〜
休みは?給料は?
みんなの就職活動をして入ってから、うまく周りの人とやっていけるかな〜

という気持ちでした。

しかしそんな私も、みんなの就職活動をして、今はなぜか中国で働いている。

みんなの就職活動をしている人も、人生なにが起こるかわかりません。

そして、みんなの就職活動をして転職で悩んでいる人がいれば、

「中国で働く」

を一度考えてみてはどうだろうか?

みんなの就職活動をしている人も、政治的に関係がよくないといっても、いまや、中国なしで、日本の経済は成り立たないのと同じで、日本との協力は、やはり中国にとっても必要な部分です。

とにかく中国人は、みんなの就職活動をして、元気、そして家族友達をとことん大事にする、人が多い。

そんな彼らから、今の日本人が学ぶことは、たくさんある。

現在、みんなの就職活動で就職先をお探しの方も多くいると思われます。

どこの職業安定所におきましても、みんなの就職活動をしている多くの方が就職先を探している光景をよく見かけられます。

また、若年のフリーターやリストラされた高齢者などがみんなの就職活動をしている状況は、社会的にも非常に問題となっております。

現在の各企業ではみんなの就職活動をした正社員よりも派遣社員などを雇うことが多くなっており、それによって就職先が少なくなっているという事もあります。

やはり、これからみんなの就職活動で就職しようと思っている方は何かの資格や特別な技能などを持っていないと良い就職先を探すのは難しいと思われます。

また、どこの企業でもパソコンを扱える技能は必須となっておりますので、これから就職先を探す方はパソコンを扱える技能が求められています。

特に、ワードやエクセルなどを扱える技能はほとんどの会社で必要とされています。

みんなの就職活動で就職してから困らないためにも、パソコンを扱える最低限の技能はどなたも身につけるようしておいた方がいいでしょう。

日本では今後もみんなの就職活動での雇用問題で悩む方が非常に多くなっていくと思われます。

今は大丈夫でも今後はどうなるかは全くわかりませんので、みんなの就職活動をしている人はどなたも今後の事をよく考えて行動されるようにした方がいいと思います。

従業員の給料

今みんなの就職活動日記を書いているときにも、最近サービス残業についてのニュースが多い。

みんなの就職活動日記でも、その話題のニュースがあった。

みんなの就職活動日記によると、1日の平均労働時間が9時間から、11時間弱になっているとの事です。

しかし、みんなの就職活動の年間所得の平均は、10万円減っている。

大学では、みんなの就職活動をした正社員への就職みたいなことを口にしていますが、人生金じゃないというやつの方が、卑怯で横暴な連中が多い。

それなのに、みんなの就職活動日記で、昔の私はよくきれいごとを言ったものだ。

みんなの就職活動をしていて、つくづく情けないと思います。

みんなの就職活動をしていたときに、私の叔父が55歳で定年退職しました。

みんなの就職活動日記から見たところ、少し早すぎませんか?

最近各企業は景気が悪いため、50歳以上の従業員を希望退職で辞めさせて、みんなの就職活動をしている若い社員を雇えば、かなり利益が出るのです。

みんなの就職活動をしている人たちのとっては、日記を見てもこれは人情的に言えば、かなり薄情な話かもしれません。

しかし、アメリカとか、ヨーロッパ的な考え方だと、みんなの就職活動をしていれば、日記に書いていることも当たり前の事になるのです。

景気が悪くなると、みんなの就職活動をしている企業も利益が少なくなり、みんなの就職活動で就職した従業員の高い給料を払えなくなるのです。

仕方なく、会社は全従業員の給料を下げなければ倒産に追い込まれますので、みんなの就職活動での採用も少なくなります。

しかし、年老いた従業員は、みんなの就職活動をした後、20〜30年間給料が下がった記憶が無いのです。

従って、みんなの就職活動をして初めて給料が下がると、「自分自身の実力を会社が認めてくれないのだ」と思い、せっかくみんなの就職活動をしたのに会社を辞めてしまうのです。

経営者は、いくら損をしても自分の家を売ってでも、みんなの就職活動をした社員のために会社を存続しようと努力します。

しかし、みんなの就職活動で就職した社員は損をしてまでも、会社に在籍できないのです。

少々給料が減ったとしても、みんなの就職活動をしてきた従業員は1円も損をすることは有りません。

先月まで貰っていた給料が高すぎたのです。

だから、みんなの就職活動した賢い従業員は給料が半分になっても決して会社を離れようとしないのです。

だから、みんなの就職活動をしたとしても、若くして会社を辞めた人は、家に閉じこもり、近所付き合いもせず、本を読み、散歩をし、孤独な毎日をそれを孤独とも知らずに生活することになるのです。

大学生の就職希望

みんなの就職活動をしている大学生への就職希望アンケートによると、大手と言われる一般に知名度の高い企業が上位に並ぶ。

また、大手企業の中でも総合商社や一般消費者向けの製品・サービスをもつ企業(メガバンクや保険会社、電気機器・自動車などのメーカー、航空会社、旅行会社、マスコミなど)の人気が高いということです。

このような結果になる原因として、みんなの就職活動をしている日本の学生が様々な職業の実情に触れる機会が少ないことが指摘されています。

みんなの就職活動をしていて、職業の具体的な内容や待遇などが判らないので、みんなの就職活動でのイメージ先行の求職になるのだということです。

そのため、みんなの就職活動をしている大学生には、有名人気企業に定員をはるかに上回る応募がある一方で、みんなの就職活動に対して目立たない企業やベンチャー企業に応募がこないということも少なくないそうです。

例えば、2002年のノーベル化学賞を受賞した、島津製作所の田中耕一さんも、みんなの就職活動をしていた当初の第一志望は就職先人気上位企業の定番であるソニーでしたが、みんなの就職活動中にソニーが不合格となり、当時の教授からの進言で一般には知名度が低く、本人も知らなかったという島津製作所に志望先を変更したエピソードがあります。

1980年代のバブル不況によって、みんなの就職活動も企業の雇用構造も大きく転換しました。

バブル崩壊後、多くの企業は、社内の業務を見直し、みんなの就職活動をした正社員には一部の基幹業務だけを任せ、周辺業務はみんなの就職活動をした雇用調整が容易な非正社員(アルバイト、契約社員、派遣社員など)に委託するリストラを行ったのです。

そのため、みんなの就職活動をした非正社員の需要が増える一方で、みんなの就職活動をした正社員の需要は減っています。

また、中心的な業務を任せる正社員には優秀な人材を配置したいと考える経営者が増え、みんなの就職活動で採用予定人数内であっても、基準に達していない者は採用しないケースも増えているということです。

即戦力として、みんなの就職活動をしている中途採用市場への期待も高まっており、新卒の就職難は、みんなの就職活動をしていても、構造的なものになりつつあります。

みんなの就職活動での中途採用では、新卒採用にみられる様な学歴差別やエントリーシートによる機械的な選別をする企業は少なく、みんなの就職活動をしている応募者から提出された履歴書や職務経歴書を基に、応募者の総合的なキャリアを丹念に見極めようとする企業が多いといいます。

会社訪問の事前準備

みんなの就職活動日記を読んでいると、みんなの 就職活動が日記で掲載されている。

みんなの就職活動でもっとも大切なこととは?

それはやはり、事前準備と面接で緊張しないことです。

みんなの就職活動の事前準備と言えば、会社へ訪問し、自己アピールする内容を練り、就職試験の対策をすることが日記に書いてあります。

みんなの就職活動の後者の日記ですが、もちろん、どんなに数をこなしても緊張はします。

みんなの就職活動で大切なのは、日記を書くように、話し始めるとしっかり言いたいことがいえる状態にすることです。

みんなの就職活動の練習に有効なのが、『イメージトレーニング』日記です。

みんなの就職活動のときの状況や雰囲気までイメージし、想像の中で話して日記を書いてみる。

不思議なことに、日記を書くと、みんなの就職活動の本番でも上手くいきますよ!

今年のみんなの就職活動も、はじまっています。

来春卒業予定の人で、みんなの就職活動が決まっていない人は結構アセっておられるのかも知れませんが、みんなの就職活動は、企業側の人間にもアセっている人がいます。

世の中、景気が上向いて来て、なが〜い冬の間、採用を見合わせていた企業がみんなの就職活動での採用をイキナリ増やしたという日記がありました。

大企業や都会の中企業くらいまでは、昨年までの買い手市場の恩恵もあり、みんなの就職活動で良い人材を集めたそうですが、地方の中小企業は大変です。

企業の売上げが伸びないため、リストラと言う名目で人件費を削るため、みんなの就職活動で採用を控えていたのが、世の中と同じで急に採用に方向転換したものの、みんなの就職活動のときに根回し
などしていなかった為に、見向きもされません。

みんなの就職活動で、目の前の仕事は取ったけど、人がいない。

日記を読むと、そんな悲惨な状況になっています。

計画的な人材計画など、みんなの就職活動をしていても、地方の中小企業にはありません。

そんな中、みんなの就職活動をしている人に向けて、自社の会社案内のビデオをWebにアップするような企業も出てきました。

しかし、みんなの就職活動をしている人には、何をする会社なのかは、ムービーを見ただけでは分かりません。

ムービーの中に隠しリンクがあり、それをクリックすると、みんなの就職活動をしている人を対象に、秘密の会社説明会の案内があるそうですが、教えてもらっていないと見過ごしてしまいます。

企業が生き残るためには、みんなの就職活動をしている良い人材が必要なのですが、どこまでコストをかけれるか、地方の中小企業にはつらいものがあります。

2008年の就職活動をする学生の皆さん、地方の中小企業も視野に入れて活動して下さい。