正社員の仕事探しはパソナキャリア
成功転職!12,000社 13,000求人の最新情報から


転職を成功に導くJAC Recruiment
1部上場企業求人8,000件以上
トップクラスの転職エージェント


キャッシング「くらべる君」
新革命!借りる側が金利や条件を選べる
給料日前の強い味方!!


学生ローンのイー・キャンパス
即日ご融資!即日キャッシング!
驚きの年利16.80%

魅力的な労働環境

みんなの就職活動をしている人、あなたは、今の仕事に満足していますか?

私の答えは、Noです。
でも、みんなの就職活動をしてどんな仕事をしても、答えは同じ、Noになると思います。

なぜかと言うと、みんなの就職活動の仕事というのは、決して楽しい事ばかりではないからです。
みんなの就職活動をしていると、好きな事を仕事にできて幸せだなぁと、人を羨ましがる。
羨ましがるだけなら、誰にでもできます。

あなたに聞きます。
あなたの好きな事は何ですか?
仕事にしたいくらい好きな事はありますか?
みんなの就職活動で好きな事を仕事にした場合、どんな事が起こっても乗り切る自信はありますか?

もし、ひとつでも、Noがあるなら、みんなの就職活動で好きな事を仕事にするのはやめてください。
最後までやり通す覚悟があるなら、やってみて下さい。

やるだけやってみて駄目ならあきらめもつきます。
しかし、みんなの就職活動で好きな事を仕事として挑戦して、もし、駄目になった場合、あなたに残るものはありますか?

え?ちょっとまって。

と、ここで思ったあなたも、みんなの就職活動で好きな事を仕事にするのは無理でしょう。

みんなの就職活動で何がなんでも成功してみせる!!
とことんまで、何でもやってやる!!
成功するためなら、みんなの就職活動で仕事に就いて法律に違反しない限りはどんなことでもする!!

と、覚悟が決まっているあなた。
また、これを読んで、覚悟を決めたあなた。

とことんまで、みんなの就職活動をやってみてください。
あなたの未来は、みんなの就職活動ができるので、あなたが決められるんです。
自分自身の手で、自分の未来を切り開いていきましょう。

みんなの就職活動をしていて、厳しい就職いつまで続くのでしょう。

景気の上向きが見えてきたはずなのに、みんなの就職活動戦線は依然と厳しい状況が続いているようです。

総務省発表の失業率をみると、改善の傾向が見えないばかりか悪化しています。

特に10代から20代のみんなの就職活動をしている若年層の失業率が高くなっています。

総務省によると2005年6月の失業率は、15歳から24歳の場合

●男性:9.2%

●女性:7.9%

となっており全体の失業率の4.2%を大幅に上回っています。

女性は前年同月と比べて1.4ポイントの悪化。
さらに女性の完全失業者も5万人増えて26万人に増加とのこと。

去年よりも景気が向上していると言う割には、厳しい数字になっているのです。

その背景には何があるかというと・・・

どうも失業者の増加には定着率が低いみんなの就職活動で仕事に就いた非正社員の雇用の割合が増えていることが上げられています。

つまり、みんなの就職活動をして自分のライフスタイルを追及するために、自由度のない正社員より、時間的な自由度が高い派遣などに流れていることが背景にあるようです。

なんと!その数字は

15歳から34歳の非正社員と非正社員のみんなの就職活動希望者をあわせると、360万人にも上るそうです。

もちろん、自ら進んでみんなの就職活動で非正社員になった人ばかりではなく、「就職氷河期」と言われた時代にみんなの就職活動で就職したくても就職できずに、今だに泣く泣く、非正社員に甘んじている人も多いと思います。

また最近では、みんなの就職活動をしない、ニートの増加にたいしては社会的な問題と捉えてみんなの就職活動をしないニートを減らす対策に国や自治体が動き出しているようですが
、残念ながら、まだ効果が出ていないようです。

同じく総務省の労働力調査の結果を見ても、みんなの就職活動をしないニートと呼ばれる人の数が、1993年の40万人が最低で以降徐々に増え続け、2005年には64万人となっています。

因みに、ニートは就職活動をしない人を指すため、失業者の数には含まれていません。

日本は世界的に見ても失業率の低い国ではありますが、これからの日本を創っていく世代にも関わらず、みんなの就職活動がこのような就職状況では・・・

みんなの就職活動をして働く側の意識と雇用する側の意識のズレが、今の状況を創りだしているのかもしれません。

これから益々、少子高齢化が進む日本にあって、みんなの就職活動をしていく労働力の確保は至上課題となります。

その意味で企業側は、みんなの就職活動をしている若者により魅力的な労働環境を用意しておかないと明るい未来は訪れないかもしれませんね。