正社員の仕事探しはパソナキャリア
成功転職!12,000社 13,000求人の最新情報から


転職を成功に導くJAC Recruiment
1部上場企業求人8,000件以上
トップクラスの転職エージェント


キャッシング「くらべる君」
新革命!借りる側が金利や条件を選べる
給料日前の強い味方!!


学生ローンのイー・キャンパス
即日ご融資!即日キャッシング!
驚きの年利16.80%

従業員の給料

今みんなの就職活動日記を書いているときにも、最近サービス残業についてのニュースが多い。

みんなの就職活動日記でも、その話題のニュースがあった。

みんなの就職活動日記によると、1日の平均労働時間が9時間から、11時間弱になっているとの事です。

しかし、みんなの就職活動の年間所得の平均は、10万円減っている。

大学では、みんなの就職活動をした正社員への就職みたいなことを口にしていますが、人生金じゃないというやつの方が、卑怯で横暴な連中が多い。

それなのに、みんなの就職活動日記で、昔の私はよくきれいごとを言ったものだ。

みんなの就職活動をしていて、つくづく情けないと思います。

みんなの就職活動をしていたときに、私の叔父が55歳で定年退職しました。

みんなの就職活動日記から見たところ、少し早すぎませんか?

最近各企業は景気が悪いため、50歳以上の従業員を希望退職で辞めさせて、みんなの就職活動をしている若い社員を雇えば、かなり利益が出るのです。

みんなの就職活動をしている人たちのとっては、日記を見てもこれは人情的に言えば、かなり薄情な話かもしれません。

しかし、アメリカとか、ヨーロッパ的な考え方だと、みんなの就職活動をしていれば、日記に書いていることも当たり前の事になるのです。

景気が悪くなると、みんなの就職活動をしている企業も利益が少なくなり、みんなの就職活動で就職した従業員の高い給料を払えなくなるのです。

仕方なく、会社は全従業員の給料を下げなければ倒産に追い込まれますので、みんなの就職活動での採用も少なくなります。

しかし、年老いた従業員は、みんなの就職活動をした後、20〜30年間給料が下がった記憶が無いのです。

従って、みんなの就職活動をして初めて給料が下がると、「自分自身の実力を会社が認めてくれないのだ」と思い、せっかくみんなの就職活動をしたのに会社を辞めてしまうのです。

経営者は、いくら損をしても自分の家を売ってでも、みんなの就職活動をした社員のために会社を存続しようと努力します。

しかし、みんなの就職活動で就職した社員は損をしてまでも、会社に在籍できないのです。

少々給料が減ったとしても、みんなの就職活動をしてきた従業員は1円も損をすることは有りません。

先月まで貰っていた給料が高すぎたのです。

だから、みんなの就職活動した賢い従業員は給料が半分になっても決して会社を離れようとしないのです。

だから、みんなの就職活動をしたとしても、若くして会社を辞めた人は、家に閉じこもり、近所付き合いもせず、本を読み、散歩をし、孤独な毎日をそれを孤独とも知らずに生活することになるのです。